お寿司屋さんの話

よく売れないミュージシャンとかで「回らない寿司屋に行くのが夢」とあるが、

自慢じゃないが「回ってない寿司屋」になら行ったことがある。


お昼時だというのに客が2組しかいない。

回すところは確かにあるのに何も回っていない。

しいて言えば、メニューが回っている。


いや、回すもん違うだろ。


回転寿司のはずなのに、注文はいちいち口頭でしなくてはならない。

しかもメニューが背の青い魚しかなく、マグロすらない。

客のオーダーにもろくに答えられない始末。


しかも、味はピーな感じ。


こりゃあこの店ダメだろうな、、と思ってたら誘ってくれた先輩が後日、


「齋藤!あの店新装開店してたぞ!」


そういう問題じゃないだろ。


とんだバカもいたもんだ。

でもたまにあのスーパー以下の味が懐かしく思える時がある。

もう一回行ってみたい気もするが、場所が遠すぎるなあ。。


そんな青春時代を過ごした思い出がありますね。

Kuja Saito Official Web

実験音楽家。サウンドアーティスト。

0コメント

  • 1000 / 1000