bio

Kuja Saito クジャ・サイトウ


絵を描くように音を描く。

アンビエント・ポストクラシカル作家。


「疲れた現代人に届く音楽を」をコンセプトに、音楽による空間演出を軸に活動。

アルバム「無名庵の庭」では時間軸、「あの日あの向こうに」では半時間軸という現代では廃れてしまった、もしくは現代ならではの発想で、真に身体に馴染む音楽とは何なのか、日々追及している。


(こんなデータ浄書屋に持っていったら殴られます。)