bio

Kuja Saito クジャ・サイトウ


絵を描くように音を描く。

アンビエント・ポストクラシカル作家。


「疲れた現代人に届く音楽を」をコンセプトに、音楽による空間演出を軸に活動。

民謡のような叙情的なフレーズと、終始一貫したノンビートの作風が特徴。


また、ソルフェジオ周波数を意識した、癒し系タイトルの制作にも取り組む。


kujakukobo@gmail.com