info

クジャです。

新作のお知らせです。アルバム「Rust」をリリース致しました。

7曲入りのアルバムで、すでにApple Music、Spotify等で配信が始まっています。

今回はおなじみのポストクラシカルの編成で、

リスニングに焦点をあてたアンビエントミュージックとなっています。


アンビエントなのにリスニングというのも変ですが、

身体に馴染むような曲を目指して制作しました。


制作機材は、お客さんが不安になるので伏せさせていただきます。

くじゃです。

永遠の姫カッターになろうと前髪ぱっつんにしたら全然似合わなかった件。

それでも姫カットを続ける所存です。


さて、マキシシングルを出しました。

いつも各駅停車でのらりくらりしているくじゃですが、

そんな熱いハートが伝わってくるような新譜です。


こんなのとか。

こんなのもあります。これはクラリネットを多重録音したものですね。

全体的に寝れる曲集に仕上がってるので、お休み前のBGMとして永久ループがお勧めです。

SpotifyやApple Musicなどのその他の配信サービスでも配信中!


Spotifyは無料プランもあるし、ユーザーが作ったプレイリストも優れているのでお勧めですよ!

ある日、喫茶店で、

「俺、頭の成長は15年遅いんですけど、身体の成長は15年早いんですよ」

とぼやいていたら、その場にいたみんなが納得しました。


どういう意味でしょう。


さて、告知です。

無名庵の庭の発表から間もないですが、新譜の準備が着々と進んでいます。

曲のほうはもうこれ以上手直しする予定はなく、あとは業者に入稿って感じでしょうか。


こんな曲が入っています。


アルバムタイトルは「あの日あの向こうに」。

未だに慣れない都会暮らしのBGMをテーマに作りました。

ジャケットは自分ちの窓からの光景。

ちょうど目の前が駐車場で、遠くの新宿副都心が見えたりして、

安い家賃でも勝ち誇った気分になれます。

新宿でなさそうである光景ですね。


それをインクジェット出力用に極限まで写真を劣化させました。


このタイトルではとにかく疲れた心をいやすよう、EQを初めてまともにいじくりました。

自分はEQなんかに頼らなくても完璧な打ち込みをしていたつもりですが、

いざ使ってみるとEQすごい。なんだか、全体として丸みを帯びた感じに仕上がりました。


個人的にはそういう質感も聴いてもらいたいので、Apple Musicでも出す予定ですが、

できれば圧縮が最小限のCD-R版かWAV版を聴いてもらいたいのですよ。

このご時世なかなか難しいとは思いますけど。


秋ぐらいには発売できそうです。


あと孔雀工房ですが、ドメイン維持費が払えず、一旦消滅してます。

来月には再開する予定です。当面はFBやTwitter、孔雀工房Storeでお楽しみください。

小林布生子氏絵画展、みどりの色のために作られたBGM集、「無名庵の庭」が4月リリース予定。

そのうちの一曲である晴れの日にを公開しました。

クラリネットの即興も入れています。